不人気のカラーで値段が下がる

20歳で免許を取得した私は、一番最初に運転したのは母のセダン車でした。教習車と同じ車種だったので、慣れた車幅感覚は運転しやすかったです。でも母の用事が入ってしまうと、私が使いたい時に使えないということが多くなり、自分専用の車が欲しくなりました。ちなみに我が家は5人家族で、私以外は自分専用の車を所有しています。各々通勤で使用するので無くてはならない車なのです。そこへ私の車が一台入ることになり、駐車場はキツキツでしたが、ワンボックスやワゴン車のような大きな車幅の車ではなければ、駐車出来ると父からの承諾を得て、車探しを行いました。たまたま私の彼氏が車好きだったので、カーセンサーの発売日になるとコンビニへ買いに行き、二人で妥当な車を探しました。車種と走行距離とカラー、それに事故車ではないということを条件に私達が見つけたのはレガシィツーリングワゴンでした。軽自動車は父から反対されており、出来たらゴツい感じで女の子が運転しているようには思えない車にしてほしいとのリクエストがあり、こちらを選択しました。まだ8000キロしか走行しておらず不人気のボルドー色でしてので、通常のホワイトやブラックより値段が下がっていました。販売中古車点へ電話をしてから見学に行きましたが、傷もなく本当に新車に近い状態だった車でした。またエンジンをかけてもらい、ボクサーエンジンの痺れる音が堪らなく心を踊らされました。即決即断でした。私の足となり、フル活用のレガシィでし。

コメント

コメントを受け付けておりません。