1ディスプレイで付加情報全部が表示できる装置

最近の車でも昔からの車同様、メーター周りには、運転に最低限必要な情報が表示されます。例えば、スピード、エンジン回転数、ターンシグナルなどです。これらの情報は、多分どんな人でも何の違和感なく運転中に見られると思います。
問題は、ヘッドマウントディスプレイやカーナビ、はたまたディスプレイ付きレーダー探知機などで表示される、付加的な情報表示の氾濫です。これら運転に実用的なアクセサリーを装着すると、メーター周り以外に複数情報が、複数のディスプレイに表示され、運転に支障をきたす恐れが生じます。
実は、これら情報は交差点の近くなど、本来は特に前方注意が必要な場所で多く出力されます。交差点での事故、前方不注意の原因の1つは、これら情報氾濫にあると思います。情報は必要です。しかし、相手の運転者が前を(コチラ側)見ているがどうかは、とても気になります。氾濫した情報をみているかもしれないからです。
本来の注意力を運転に集中できる表示装置、例えば、パソコンのディスプレイのように、各種表示を1つにまとめて表示できるディスプレイ装置を、メーカーまたは、アクセサリーメーカーにお願いします。
完全な自動運転が完成すると、自分で運転する必要もなくなるので、これら情報氾濫は、ここ数年間だけかもしれません。しかし、最新の車だけが道路を走るわけではありません。人間が同時に処理できる情報量には限りがあると思うので、情報過多の対策として、付加情報が全て1つで表示できるディスプレイを望んでいます。

コメント

コメントを受け付けておりません。